印刷する
広場へ > お口のトラブルと治療 > 口臭

口臭

口臭が強い時間帯あるいは時期は?

口臭の変動

1日の口臭の変化を図4に示しました。多くの人の口臭は早朝が最も強く、食後に口臭が減ります。したがって、朝食を抜く人は口臭が非常に強いことになりますので朝食を必ず食べましょう。ただし流動食ではなく、きちんと歯でかむ食事をしてください。さらに、昼食前や夕食前も口臭が強くなりますので注意しましょう。

一方、図4とは逆に、早朝よりも午前中や夕方に口臭が強くなる人が見られます。しかし、この場合も食事前が要注意です。口臭予防法として、食間にティー・タイムを取ることが勧められます。例えば、紅茶・コーヒーや菓子に含まれる砂糖は歯の大敵ですが口臭物質を 90% 以上減らすという効果があります。

女性の場合、生理周期に一致して口臭の強くなる人がいます(図 5 )。人によりタイプが異なりますが、月経期間中、排卵中そして両期間の間に口臭が強くなる可能性があります。しかし、歯周病の予防と後述する口臭予防方法で十分予防できますのでご心配なく。
朝食を抜くと昼食まで口臭は強くなります(図6)。食事を摂ると減ります。規則正しい食生活が口臭を予防するのです。

|| 前のページへ || 次のページへ ||

ページトップへ