PC表示に切り替えるスマートフォン表示に切り替える

スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム(SCRP)

日本代表選抜大会

スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム(SCRP) は、歯科学生自ら研究を行い、研究発表を行うことにより、歯科医学を科学的な目でとらえることのできる貴重な研究発表の場です。優勝者は国際歯科研究学会米国部会(AADR)主催による学術大会に日本代表として発表する機会が得られます。SCRPは、1959年米国歯科医師会(ADA)が設立100周年を迎えるにあたり、デンツプライ インターナショナル インク (現:デンツプライシロナ インク)に、歯科学生による研究の実践発表という記念企画の後援を依頼したことに始まります。現在では世界5大陸に広がり、2018年から国際歯科研究学会(AADR)学術大会における発表に移行され、歯科界の発展を担う研究者・教育者・開業医等を多く輩出しています。

  • 令和2年度優勝
    北海道大学歯学部 6年生 吉野弘菜さん
  • 令和2年度日本代表選抜大会:二次審査
    (オンライン発表・質疑応答)
2018年AADR/SCADAフォートローダーデール大会

日本では将来の歯科界を担う歯科学生の研究意欲を啓発・高揚させ、国際的な視野に立脚した歯科医師像の育成を目的に、日本歯科医師会主催による日本代表選抜大会を、1995年に全国歯科大学/歯学部29校のうち、4校からスタートしました。第26回となった2020年はコロナ禍で18校が参加しました。全国からの代表学生と研究発表を競い合いながら、各国代表並びに一流の歯学研究者との交流を通じて、将来の可能性を更に広げていく大きな経験を掴むことができます。この貴重な経験は研究発表抄録集に掲載して日本歯科医師会ホームページ上で公開し大会の記録として残します。研究活動を行う充実感と大学代表としての名誉に満ち溢れた日本代表選抜大会にぜひチャレンジしてください。


令和3年度日本代表選抜大会

本大会は、二次審査方式とし、一次審査:研究発表抄録・発表ビデオ・発表スライド、二次審査:一次審査通過者数名によるオンライン発表・質疑応答とします。従来の歯科医師会館における発表内容の公開はありません。

参加申込

参加を希望する学生は、教務課/学生課にお尋ねください。
参加申込書締切日:2021年5月7日(金)
郵送先:(公社)日本歯科医師会事業部学術課・日本歯科医学会事務局SCRP担当者宛

スケジュール
一次審査資料締切日:
2021年7月 2日(金)
一次審査結果発表予定日:
2021年7月27日(火)
二次審査開催予定日:
2021年8月20日(金)
二次審査結果発表予定日:
2021年8月24日(火)
手引きおよび各種提出書類

本年2月中旬に、各大学の学長/学部長宛に手引きを送付しています。

令和3年度SCRP大会 手引き(2.35MB)

令和3年度日本代表によるAADR/SCADA大会発表予定

開催予定日:2022年3月23日(水)~26日(土)
開催場所:米国アトランタ市

その他SCRPに関する問い合わせ先

各大学:教務課/学生課

(公社)日本歯科医師会事業部学術課・日本歯科医学会事務局SCRP担当
TEL:03-3262-9212
Email: scrp@jda.or.jp

大会記録

令和2年度

SCRP抄録集

抄録集を閲覧
審査結果(クリックすると主催者挨拶から上位入賞校:学内授与式まで閲覧できます)
(敬称略)
・主催者あいさつ - 会長 堀 憲郎
・参加校およびスチューデント・クリ二シャンの紹介
・審査員の紹介
・二次審査・結果発表 − 審査員長 平野 裕之
・審査講評 - 副審査員長 井上 孝
・スチューデント・クリニシャン全員へ入賞表彰状・記念品・研究発表抄録集の贈呈
・上位入賞者へ贈呈
・上位入賞校 学内授与式

令和2年度 SCRP日本代表選抜大会審査結果発表

主催者挨拶

会長:堀 憲郎


参加校およびスチューデント・クリニシャンの紹介

大学名をクリックすると、スチューデント・クリニシャンの紹介が開きます。


審査員の紹介<敬称略>

審査員長

平野  裕之京都府開業

副審査員長

井上   孝東京歯科大学 名誉教授

審査員

小川  祐司新潟大学大学院医歯学総合研究科 予防歯科学分野 教授

林  美加子大阪大学大学院歯学研究科 歯科保存学教室 教授

上條 竜太郎昭和大学歯学部 口腔生化学講座 教授

澁川  義幸東京歯科大学 生理学講座 教授

影山  幾男日本歯科大学新潟生命歯学部 解剖学第1講座 教授

細川  隆司九州歯科大学 口腔再建リハビリテーション学分野 教授


二次審査結果発表

審査員長:平野 裕之


審査講評

副審査員長:井上 孝


スチューデント・クリニシャン全員へ入賞表彰状・記念品・研究発表抄録集の贈呈


上位入賞者へ贈呈

優勝者には:
 -持ち回りの優勝カップ
 -表彰楯
 -米国大会への招待目録
優勝校ファカルティーアドバイザーには:
 -表彰楯
準優勝者と部門第2位には:
 -表彰楯
 -賞金
が贈られました。


上位入賞校 学内授与式

本年11月下旬、本会より本年度SCRP大会上位入賞校に表彰品を贈呈いたしました。
各大学では、スチューデントクリニシャン・ファカルティーアドバイザー・研究指導協力者等の研究チームに対し、学内授与式が行われました。

◎優勝:
北海道大学歯学部 6年生 吉野 弘菜さんアレンドロネート投与による骨特異的血管の組織学的変化
  • 6年生:吉野弘菜
  • 1列目左から:
    八若保孝歯学部長(小児障害者歯科学教室 教授)
    吉野弘菜
    2列目左から:
    網塚憲生(硬組織発生生物学教室 教授)
    長谷川智香(硬組織発生生物学教室 助教)
〇準優勝:
九州大学歯学部 5年生 高本 侑立子さん欠損補綴治療による起立運動機能への影響
  • 5年生:高本侑立子
  • 左から:
    古谷野潔(インプラント・義歯補綴学分野 教授)
    今井実喜生(インプラント・義歯補綴学分野 助教)
    大木郷資(クラウンブリッジ補綴学分野 助教)
    高本侑立子
    中村誠司歯学部長(顎顔面腫瘍制御学分野 教授)
    荻野洋一郎(クラウンブリッジ補綴学分野 准教授)
〇基礎部門第2位:
大阪歯科大学 4年生 鈴田 真裕さん力学的閾値同定を主軸とした破骨細胞分化(促進/抑制)制御法の確立
  • 4年生:鈴田真裕
  • 左から:
    野﨑中成(薬理学講座 教授)
    納富拓也(薬理学講座 講師)
    川添堯彬理事長/学長
    百田義弘(歯科麻酔学講座 教授)
    鈴田真裕

歴代優勝者/日本代表

第1回(1995年)~第26回(2020年)までの優勝者/日本代表の大学名・氏名・研究テーマを閲覧できます。

歴代優勝者/日本代表を閲覧