PC表示に切り替えるスマートフォン表示に切り替える

日本歯科医師会の紹介

会長あいさつ

健康寿命の延伸と歯科医療

日本歯科医師会会長 堀 憲郎

 日本歯科医師会は明治36年に創立され、120年近い歴史を有しており、現在約65,000人が加入しています。

 本会の会員は「医道の高揚、国民歯科医療の確立、公衆衛生・歯科保健の啓発、並びに歯科医学の進歩発達を図り、もって国民の健康と福祉を増進すること」という目的に沿い、例えば日歯生涯研修事業を通じて自らに目標を課し、日々新しい歯科医学の習得と研鑽に努めています。また例えば地域の歯科医師会が窓口となって行政と協力し、乳幼児歯科健診、学校歯科健診、歯周疾患検診等を通じて、母子保健、学校保健事業や成人歯科保健に貢献するという歯科医師法に定められた責任を果たしています。

 このような会員の長年に亘る努力と貢献の積み重ねにより、一例を挙げれば、我が国の12歳児の永久歯のむし歯の平均数は平成元年には4本以上だったものが毎年減り続け、令和元年度には0.70本と過去最低になりました。更に平成元年から本会が中心となって展開してきた「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という「8020運動」では、当初は80歳で20本の歯を有する国民が1割にも満たなかったものが、平成28年には遂に5割を超えるなど大きな成果をあげています。更に最近では、誤嚥性肺炎、糖尿病、認知症、脳卒中・循環器病、早産・低体重児出産等、全身の健康と口腔の健康の関係も広く知られています。胎児から高齢者まで「国民の皆様に、生涯に亘り噛める喜び、話せる喜びをもって豊かな生活を送っていただくこと」が私たちの目指すところです。

 日本には現在まで1世紀に亘る公的医療保険制度の歴史があり、この60年は「国民皆保険」と呼ばれる、世界に誇る現在の制度を堅持してきました。一方近年の急激な少子高齢化と国の財政事情の悪化により、次世代に引き継ぐべき、このかけがえのない財産である制度の維持が困難になってきています。この危機的状況の中で「いかにして最後まで健康な生活を営める社会をつくるか」が問われています。この「健康寿命の延伸」という国家的課題について、本会は歯科医療の充実によって貢献できるという多くのデータを示し、それは国の医療政策にも反映されています。骨太の方針2021には「全身との関連性を含む口腔の健康の重要性に係るエビデンスの国民への適切な情報提供、生涯を通じた切れ目のない歯科健診、オーラルフレイル対策・疾病の重症化予防にもつながる歯科医師、歯科衛生士による歯科口腔保健の充実、歯科医療専門職間、医科歯科、介護、障害福祉機関等との連携を推進し、歯科衛生士・歯科技工士の人材確保、飛沫感染等の防止を含め歯科保健医療提供体制の構築と強化に取り組む。今後、要介護高齢者等の受診困難者の増加を視野に入れた歯科におけるICTの活用を推進する。」と明記されました。

 今、世界は新型コロナウイルス感染症という同時危機に向き合っていますが、我々はこれからも引き続き危機克服に向けて貢献すると共に、超高齢社会における医療提供者の一員としての役割と責任を果たそうと考えます。日本歯科医師会及び会員の活動について、国民の皆様からのご理解とご支援が得られれば幸いです。

公益社団法人日本歯科医師会 会長
堀 憲郎