PC表示に切り替えるスマートフォン表示に切り替える

その他

かかりつけ歯科医について(日本歯科医師会の考え方)

近年、歯科医療に対する国民や患者のニーズは多様化し、歯科医療に関する様々な情報がメディアなどを通じて提供され、国民や患者が歯科医療機関を選ぶ際の選択肢は拡がっている。こうした中で乳幼児期から高齢期まで自分の口で食べ・話し・笑うことは国民共通の目標でもある。
生涯を通じて口腔の健康を維持するために、継続的に適切な治療や管理を提供し、いつでも相談に応じてくれる身近なかかりつけの歯科医師がいることは健康寿命の延伸に資することになる。
日本歯科医師会はそうした「かかりつけ歯科医」の意義とその役割を明確に示すものである。

かかりつけ歯科医とは

かかりつけ歯科医とは、安全・安心な歯科医療の提供のみならず医療・介護に係る幅広い知識と見識を備え、地域住民の生涯に亘る口腔機能の維持・向上をめざし、地域医療の一翼を担う者としてその責任を果たすことができる歯科医師をいう。

かかりつけ歯科医が担う役割

患者の乳幼児期から高齢期までのライフステージに応じた継続管理や重症化予防のための適切な歯科医療の提供および保健指導を行い、口腔や全身の健康の維持増進に寄与すること。
また、地域の中では、住民のために行政や関係する各団体と共に歯科健診などの保健活動等を通じ口腔保健向上の役割を担い、地域の関係機関や他職種と連携し、通院が困難な患者にさまざまな療養の場で切れ目のない在宅歯科医療や介護サービスを提供するとともに、地域包括ケアに参画することなどがかかりつけ歯科医の役割である。

かかりつけ歯科医が担う具体的な役割(例)

かかりつけ歯科医としての知識や技能を習得し、地区の歯科医師会の組織や機能を活用するなどし、変化する地域の実情や歯科医療機関が持つ機能に合わせて次のような役割を果し、地域住民の要請に応えてゆく。

  • 重症化予防のための必要な初期治療および継続的な疾病管理

  • 在宅、病院、介護施設等の患者が療養する場における継続的かつ適切な歯科医療の提供や口腔機能管理、チーム医療、退院時カンファレンスなどへの積極的な参画

  • 行政や後方支援機能を有する医療機関、近隣の医科医療機関などの 関係機関と連携する中で他職種との連携を図る

  • 歯科診療を通じた認知症や児童虐待の早期発見と関連機関との連携

  • 歯科健診や住民を対象とした講演会などの公衆衛生活動への参画

  • 介護認定審査会や地域ケア会議への参画など

  • 介護保険施設等の協力医歯科療機関として関与 など