印刷する
広場へ > 雑学いろいろ > 歯と口に関する故事・熟語 > 金口木舌(きんこうぼくぜつ)

歯と口に関する故事・熟語

金口木舌(きんこうぼくぜつ)

 「木」は「もく」とも読みます。『揚子法言・学行』を出典とし、朱子学を大成させた朱熹(しゅき)によって編纂された『論語集注』にも取り上げられています。古代中国では、官吏が法律や政令などを民衆に宣布するときに、木鐸を鳴らしました。


 木鐸の「鐸」は大型の鈴のようなもので、口=鈴の下部の切れ込み部分が金属、舌=鈴の中に入っている玉が木製とも、また文事には木の舌(木鐸)、武事には金の舌(金鐸)を用いたとも言われています。


 諸国遊説を続ける孔子一行に、国境の小村の役人が「天下に道なく乱れた世を導くよう、天は師を木鐸として下さったのです」と孔子を労ったのが始まりとされ、以来すぐれた言論・著書で、社会を教え導く人の例えとされました。


 用法としては、「日本歯科医師会は歯科界の金口木舌たらんと日夜努力をしています」といったところでしょうか。

日本歯科医師会 広報委員会

ページトップへ