印刷する
広場へ > 雑学いろいろ > 歯と口に関する故事・熟語 > 明眸皓歯

歯と口に関する故事・熟語

明眸皓歯(めいぼうこうし)

 “明眸皓歯”とは、「ぱっちりと開いた明るい目と白い歯」を意味する言葉です。明眸と皓歯によって玄宗皇帝の寵愛を得て、皇后となった楊貴妃を指しました。転じて美人を表す言葉として我が国にも定着しました。


 その美しさに溺れた玄宗は政治を顧みず、ついに安禄山の乱を招き、楊貴妃は扼殺されます。詩人杜甫はこの悲劇を「哀江頭詩」(あいこうとうし)に詠い、「明眸皓歯今何処にか在る」と悲しみました。また、魏の曹植は「洛神賦」(らくしんのふ)に、「丹き唇は外に朗かに、皓き歯は内に鮮やかなり。明眸善くかえりみて、えくぼの権(つら)に承(う)けたり」(赤い唇は外に輝き、真っ白い歯は内にあざやかに、澄み切った目はよく動き、えくぼは頬に愛らしい)と詠っています。


 これより“朱唇皓歯”(しゅしんこうし)も明眸皓歯と同義語とされます。要は白い歯が美人の条件だった訳で、歯科医師は美人作りのお手伝いができそうです。しかし我が国では、江戸時代では女性が結婚するとお歯黒をしていました…さて“明眸黒歯”? お歯黒にはむし歯予防の効果があるとされていますから、“皓歯”を保つには合理的だったのかもしれませんね。やはり歯科医師の出番のようです。

日本歯科医師会 広報委員会

ページトップへ