印刷する
広場へ > 全身とのかかわり > 金属アレルギー

『金属アレルギーとは何か』

免疫反応は本来有害な病原体を排除するものですが、その反応が過度になり、組織の傷害・疾患を引き起こす場合に”アレルギー”という言葉が使用されます。そのアレルギー症状は後で紹介しますが、皮膚や口腔粘膜など多種に及んでいます。また、日常生活の中で触れる機会の多い金属製品は大変多いので、原因を特定することが大変難しいです。

歯科と金属アレルギーについて

日常の歯科治療で使用される金属材料が原因で生じるアレルギー性接触皮膚炎も問題となっています。この分野は、専門医も少なく、アレルギーの基礎知識を理解した歯科医を増やして真剣に取り組む必要があります。そのためにまず、アレルギーの分類と免疫学的機序を理解すべきです。CoombsとGellらによる免疫学的組織障害の機序に基づいたアレルギーの分類は広く受け入れられています。現在では従来のI〜IV型に加えてV型の存在が広く認められています。(図1

|| 次のページへ ||

ページトップへ