印刷する
広場へ > 雑学いろいろ > 歯と口に関する言い伝え > 妊娠中は赤ちゃんにカルシウムを取られるからむし歯にかかりやすい

歯と口に関する言い伝え

妊娠中は赤ちゃんにカルシウムを取られるからむし歯にかかりやすい

 これは、いわゆる都市伝説の類で、一見科学的に聞こえ、ありそうな話ですが、全くの俗説にすぎません。一度作られたカルシウムや、その他の成分が、母親の歯から溶け出ていくことはありません。
 つわりの影響で歯磨きがおろそかになったり、嗜好が変化することでむし歯が急に悪化することはあるようです。そのことがこの俗説を生むきっかけになったのでしょう。
 また、妊娠中はホルモンバランスの変化などにより、“妊娠性歯肉炎”という歯茎の炎症や、“妊娠性エプーリス”という歯茎のできものができることがあります。
 ただ、赤ちゃんの骨はもちろん、歯の芽とも言うべきものが作られる時期なので、妊娠中もバランスのとれた食事を心がけ、良質なタンパク質やカルシウムを十分とらなければいけません。食べたカルシウムは、胎盤経由で赤ちゃんに届けられます。
 いずれにせよ、むし歯を赤ちゃんのせいにするのは、赤ちゃんに気の毒な話ですね。


日本歯科医師会 広報委員会

ページトップへ