印刷する
広場へ > 雑学いろいろ > かむ!カム!レシピ > 半干しカブのアボカドチーズソース

春・冬のレシピ

半干しカブのアボカドチーズソース

野菜は半干しすることで独特の歯ごたえがうまれます。やわらかく煮た食感を楽しむことが多いカブですが、半干しにして炒めることでパリッとした歯ごたえが楽しめます。カブを干しておけば、あっという間に作れるこのお料理。生ハムとチーズの塩気、アボカドのねっとりとした食感とコク、にんにくの香りや白ワインの風味とともに、半干しと生のカブの食感の違いも、ぜひ味わってみてください。


半干しカブ 2個
カブ 1個
アボガド 1個
生ハム 35g
パルミジャーノレッジャーノチーズ(おろしたもの) 30g
オリーブオイル 大さじ1
にんにく(みじん切り) 1かけ
白ワイン 大さじ1
塩、胡椒 各少々
カブは皮をむき、半干しカブ(作り方参照)と同様に櫛型に切る。(残ったカブの葉は、味噌汁や炒め物などに有効活用を)
フライパンに、オリーブオイルとにんにくを入れ、弱火で香りをたてる。
1と半干しカブを中火で炒め、白ワインをまわし入れる。
3にアボカドを加え、木べらなどで半分つぶすように炒め合わせたら、干した茎と食べやすい大きさに切った生ハム、チーズを加え、塩、胡椒で味を調える。
半干しカブの作り方
カブを皮むかずに10〜12切の櫛型に、茎は3〜4cmに切りザルに並べて干すだけでできあがり!天日が最適ですが、室内でもOKです。干し時間は、天日(晴天)で2〜3時間、室内では半日以上を目安に。

(フード・コンサルタント/サカイ優佳子)

ページトップへ