PC表示に切り替えるスマートフォン表示に切り替える

日本歯科医師会の紹介

シンボルマーク・ロゴマーク

日本歯科医師会シンボルマーク

1903年(明治36年)に大日本歯科医師会が誕生して60周年を迎えた1963年(昭和38年)、記念行事の一環として図案を一般会員から公募し、500超の応募作品の中から選ばれた案を基に制作、同年10月26日の記念式典で発表されました。 中心はサファイヤ。当時の都道府県歯科医師会の数の46面にカットしたもので、サファイヤを囲む円は日本歯科医師会の「日」を表しています。また、金色の放射線28本は歯の数(親知らず除く)を表象しています。

日本歯科医師会会員之章

日本歯科医師会会員之章

2002年(平成14年)より、日本歯科医師会会員の歯科医院にはこの『会員之章』が掲げてあります。

会員之章は、ステンレス地の中心に、日本歯科医師会シンボルマーク、右上に8020ロゴマークがデザインされています。

8020ロゴマーク

8020ロゴマーク

日本歯科医師会会員で画家の額田晃作氏のデザインにより、日本歯科医師会の対外PR活動において8020運動を積極的に推進していくためのシンボルとして、1992年(平成4年)から用いられています。

年齢の「80」は大きくリズミカルに、歯の本数「20」はそれを固く守る姿勢を表現しています。右上の英字について作者は当初、「We Save」にし、「歯科医師会が80歳で20本の歯を保持させる」という意味合いを込めていましたが、結果的に現在の「KEEP 20 TEETH TILL YOUR 80」になりました。