PC表示に切り替えるスマートフォン表示に切り替える

歯科情報の利活用及び標準化普及事業

東日本大震災における身元確認を契機に、歯科所見による身元確認の重要性が再認識されました。
大規模災害時において身元確認を正確かつ迅速に行うためには、歯科所見の標準化と情報技術の適用が不可欠となります。
現在、厚生労働省より委託を受け、歯科医療機関が保有する歯科診療情報の標準化に向けた取組みを中心に、将来的な医療情報連携等も見据えた取組みを行っています。

口腔診査情報標準コード仕様(2.04MB)