印刷する
広場へ > お口の119 > 歯がしみる(冷たい水・熱いお湯)

お口の119 歯がしみる(冷たい水・熱いお湯)

【こんな場合が考えられます】

  • 1. 冷たい水の場合は次のケースなどに起こります。
    *歯ぐきが下がって歯の根っこが露出したケース(知覚過敏症など)
    *つめ物などが取れたケース(2次う蝕など)
    *取れていなくても周囲にむし歯ができたケース(2次う蝕など)
    *つめたりかぶせたりしていても元のむし歯が深いケース(歯髄炎の疑いなど)
  • 2. 熱いもので痛む場合は歯の神経が腐りかけたりして、炎症を起こしているケース(歯髄炎・歯根膜炎の疑いなど)

【こうしたら良いでしょう】

1. 歯磨きなどは、ぬるま湯が良いでしょう。はやめに歯科医院で知覚過敏かどうか診断してもらい、治療を受けましょう。
2. お湯でなく、冷たい水を使ってみましょう。一時的に症状が取れても治ったわけではないので、更にひどくなる危険があります。はやめに治療を受けてください。

ページトップへ