印刷する
広場へ > お口の予防とケア > 妊娠時の歯やお口のケア

Q&A

Q1.妊娠中は赤ちゃんの発育で歯からカルシウムがとられるために、歯が悪くなるの?

A1. 一度形成された歯から赤ちゃんのためにカルシウムがとられて、歯がもろくなるということはありません。昔は妊娠のたびに歯を悪くしていた女性が多かったことからそういわれたのだと思います。歯が悪くなったのは、妊娠中にお口のケアが不十分だったためにむし歯や歯周病が進んでしまったためでしょう。妊娠中は普段以上にお口のケアに気をつける必要があります。

Q2.妊婦の歯周病が早産などに関係するって本当ですか?

A2.妊婦の進行した歯周病が、早産や低体重児出産のリスクを2倍から4倍くらい高めることが報告されています。歯周病菌が血中に入って子宮内で炎症を起こしたり、炎症性物質の産生によって子宮の収縮が誘発されやすいからだといわれています。

Q3.妊娠中にカルシウムを多く摂ると、歯の強い子どもが生まれるのでしょうか?

A3.歯はカルシウムだけで作られているわけではありません。様々な栄養が揃って、はじめて丈夫な歯が作られます。乳歯は妊娠7週頃から作られ始めて、4カ月頃から石灰化といってカルシウムなどを取り込んで硬くなり始めます。妊娠中のバランスのとれた食事が大切です。

昭和大学歯学部小児成育歯科学講座教授 井上美津子

|| 最初のページへ ||

ページトップへ