印刷する
広場へ > お口の予防とケア > ブラッシング

ブラッシング

目 次

歯ブラシ / 磨き方

お口の2大疾患である、むし歯と歯周病(歯肉炎・歯周炎)の主な原因はプラーク(歯垢)です。
上手なブラッシングでプラークコントロールを心がけ、むし歯と歯周病を予防して、
一生涯自分の歯で食べられるようにがんばりましょう。

年齢別ブラッシングの目的

0歳〜15歳:むし歯の予防
16歳〜30歳:歯と歯茎の健康維持(むし歯と歯肉炎予防)
30歳以上:歯周病の予防

歯ブラシの種類

歯ブラシの種類はたいへん多く市販されています。ここでは、代表的なものを年齢別に説明します。

乳幼児用歯ブラシ:〜6歳

小さく、コンパクトで乳幼児に対する安全性の工夫がされていて、母親が磨いてあげやすいように持つところが太くしてあります。


乳幼児用歯ブラシ

子供用歯ブラシ:6歳〜12歳

子供用歯ブラシ乳歯から永久歯に生え変わる時期でブラッシングが大切です。生えてきたばかりの永久歯でも磨きやすいように工夫がされ、子供でも持ちやすいように短くし、歯ブラシ部分は、大人用より小さく作られています。

思春期(中学生、高校生)用歯ブラシ:13歳〜18歳

永久歯が全て生えそろった時期です。大人用歯ブラシよりやや小さく作られています。

大人用歯ブラシ:18歳以上

大人用歯ブラシ顎の成長もほぼ完了して、むし歯予防に加えて歯周病予防が必要になります。
さまざまな口腔内に対応した歯ブラシが販売されています。



|| 次のページへ ||

ページトップへ