印刷する
広場へ > 歯を失ったら > 入れ歯

入れ歯の修理

入れ歯が割れた場合、プラスチックの部分は比較的容易に修理ができますが、金属の場合は預かって修理をする必要があります。再製作になる場合もあります。

入れ歯がガタついたり、外れたりする場合は、骨や粘膜が変化し、合いが悪くなっているので、裏打ちをして修理したり、新しく作り直す必要があります。合いの悪い入れ歯を使用していると粘膜を傷つけたり、不必要な骨の吸収を引き起こしたりするので、早めに治療を受ける必要があります。

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科摂食機能保存学教授 三浦宏之

|| 前のページへ || 最初のページへ ||

ページトップへ