印刷する
広場へ > 全身とのかかわり > 食育

歯科関連領域が推進する「食育」

食育において、食育基本法や食育推進基本計画に記載されている内容の多くは、栄養、安全性、地産地消、食物の生産、などの「食物」に関るものが多く記載されておりますが、味わい方、食べ物に応じたかみ方、美味しさを引き出す五感をつかった食べ方、などの「食べ方」に関連する食育の記述が少ないようです。そこで歯科関連領域からは、「食べ方」に関連する食育を推進しています。

つまり、栄養バランスを考えた旬の素材をどのように口に取り込み、味わい豊かに食べるか、心の和む美味しい食べ方、飲み方などに関する「食べ方」については、食育の大きな柱として明確に位置付けられます。

「食べ方」は乳幼児期、学童期に口の成長に伴って発達します。この時期のかみかた、飲み方、味わい方などの「食べ方」」の機能発達期に本人や家庭への「食べ方」を主とした食育が必要です。

食べ物は「口」から食べるのであり、食べる器官の働きとそれに伴う味わいや寛ぎなど食べ物が口に取り込まれてからのみ込まれるまでの食べ方を知識と体験を通して育むことが必要です。食べ物と食べ方の知識と体験があって初めて、食が健全な心身の糧となり、豊かな人間性を育むことができます。

このような「食べ方」の食育については食育基本法に具体的な記述はほとんどありませんが、「食育」の重要性と多様性を鑑みて、食べ方に関わる食育の推進に歯科関連領域が積極的に参加すべきと思います。 口は食物を摂る入口の臓器としてかむ機能だけでなく、脳機能から運動機能まで全身的に幅広い影響を及ぼしていることが解ってきました。よくかんで食べることは唾液の分泌を促し味を感じやすくし、満腹感も得られやすくなるため肥満の解消や予防、生活習慣病の予防にもつながります。

よくかんで食べる習慣を身につけ、それを維持するために、自分の歯で何でも噛めるようにしておくことが大切です。そのためには、むし歯や歯周病の予防・治療を心がけ、お口の健康を保つ必要があります。 肥満や生活習慣病も「早食い」「丸のみ」などの食べ方が大きく関与しています。小児期からの健康づくりに「食べ方」を含めた健康な食習慣づくりの推進と高齢者までの生涯にわたるライフサイクルに応じて健康診断や保健教育を介した「食べ方」の食育の推進が大切です。

ライフサイクルを意識して一人ひとりが豊かで健全な食生活を実践して、心豊かで健康な生涯を送ることができるように歯科関連領域では「食べ方」を主とした食育を積極的に推進する任を担うことが望まれます。

食べることから健康な生活を考える

<乳幼児期>

食育推進の場:家庭・保育所・幼稚園・地域保健センター

食育の課題 :口腔機能の発達を育む食べ方支援

■課題内容

1.授乳の時期の食育支援

口から食べる準備のための食育支援 (口を使って遊ばそう)

1)授乳を通じての口腔機能の発達支援

・乳首をしっかりふくまそう

・母乳育児の推進

2)口から食べる(経口摂取機能)準備の支援

・指しゃぶり、玩具なめ、を大いにやろう(哺乳反射の消失を促す)

・多様な口への触覚刺激を与えよう(哺乳反射の消失を促す)

・舌・顎の随意の動きの経験を増やそう(離乳食を食べる動きの準備)

2.離乳の時期の食育支援

赤ちゃんの食べ方の発達のための食育支援 (食べ方、飲み方の発達を促す介助法を学ぼう)

1)かんで食べる機能発達への食べさせ方の介助法の指導支援

・のみ込む動きを引き出す食べさせ方をしよう

・口に取り込む動きを引き出す食べさせ方をしよう

・かむ動きを引き出す食べさせ方をしよう

2)食器から水分を飲む機能発達への飲ませ方の介助法の指導支援

・コップから水をのむ動きを引き出す飲ませ方をしよう

3)離乳食の調理への食べ方・食べさせ方からの支援

・のみ込みやすい物性の食品を食べさそう(栄養士と連携)

・つぶれやすい物性の食品を食べさそう(栄養士と連携)

・かみやすい物性の食品を食べさそう(栄養士と連携)

3.幼児期前半(乳歯萌出期)

食事の自立のための食育支援(自食の発達を促し、歯でかむ支援の仕方を学ぼう)

1)歯の萌出に応じた咀嚼機能獲得のための支援

・上下の前歯が生えてきたら前歯を使ってかみ取らそう

・上下の奥歯が生えてきたら硬い・繊維に富んだ食物を食べさせ始めよう

・早食い・過食にならないようかんで食べる調理の工夫をしよう

・ゆっくりかませて薄味でも満足感が得られるような食べさせ方をしよう

2)咀嚼機能が上手に営めるための食具を使った食べ方の支援

・口の動きに手指の動きを合わせて手づかみで食べさそう

・口の動きに合わせた食具(スプーン・フォーク)の使い方を学ばそう

3)口腔機能(咀嚼・構音・表情表出)の発達を促す食べ方の支援

・硬軟、大小、硬さや大きさの異なる種々の食品をゆっくり食べさそう

・唇を閉じたままの咀嚼を促そう

4.幼児期後半(乳歯列完成期)

集団で食べるための食育支援(食べ方のマナーとしっかりかむ習慣をつけよう)

1)食材に応じたかみ方、食べ方の支援

・生え揃った乳歯を使いしっかり咀嚼しよう

・食物の硬軟、大小、粘度などに応じた食べ方を学ぼう

2)自立して美味しく食べる食べ方の支援

・五感が満たされる食べ方を学ぼう

・食事時の右手、左手の役割を理解し、口の動きとの協調を学ぼう

・食具としての箸の食べ方における使用法を学ぼう

3)しっかりかんで肥満の解消・予防のための食べ方の支援

・よくかんで少量でも十分な満足感が得られるような食べ方をしよう

・早食い、丸のみ、食べ過ぎを防ぐためにしっかりかむ習慣をつけよう

「おくいぞめ(お食い初め)」、「歯固め」「一升もち」の行事を食文化伝承として、食と口(歯)を結びつけ、食に果す「歯・口」の役割と大切さを育んでいこう。
(食文化の継承のための活動への支援)

 

|| 前のページへ || 次のページへ ||

ページトップへ